【VBA】デスクトップにファイルを保存するマクロ

ファイルを、任意の名前をつけて、デスクトップに保存するVBAを紹介します。

毎回毎回、毎日毎日、毎月毎月、同じ「作業」をするのは疲れますね。

ちょっとした、短時間の作業であってもそれは同じですね。

そうそう。
ボタンをポチッと押したら完了すれば、ずいぶんストレスがへります。

それならファイルの保存も「ポチッと」やっちゃいましょう。

目次

デスクトップにファイルを保存するVBA

デスクトップにファイルを保存するVBA

Sub デスクトップに保存()

Dim strAa, strCa As String
Dim objNa As Object

Set objNa = CreateObject(“WScript.Network”)
strCa = objNa.UserName

strAa = InputBox(Prompt:=”ファイル名”)
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=”C:¥Users¥” & strCa & “¥Desktop¥” & strAa , FileFormat :=xlCSV, CreateBackup:=False
ActiveWindow.Close

End Sub

解説

objNaオブジェクトを生成する
パソコンのユーザー名を取得する

入力ボックスを開き、保存するファイルの名前を指定する
保存先:デスクトップ
ファイルの種類:CSV
バックアップをするかどうか:しない を指定

ウインドウを閉じる

デスクトップにあるフォルダ内を保存場所に指定する場合

フォルダ名を●●●とする。

Filename:=”C:¥Users¥” & strCa & “¥Desktop¥●●●¥” & strAa

ファイル名に特定の文字列を足して(可変+不変)保存する場合

不変のファイル名の文字列を▲▲とする。

Filename:=”C:¥Users¥” & strCa & “¥Desktop¥” & strAa & “▲▲”

ファイルの種類を指定する場合

よく使うファイルの種類を例に挙げます。

FileFormat :=xlCSV ’CSV
FileFormat :=xlOpenXMLWorkbook ’Excelブック
FileFormat :=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled ’Excelマクロ有効ブック

デスクトップにファイルを保存するVBAでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる