恐竜フィギュア・フェバリット社のソフトビニールを入手!

フェバリットコレクション(Favorite Collection)・
ソフトビニール製の巨大恐竜を比較してみた

大きな恐竜のフィギュアを探し求めた結果、フェバリット社のものに行き当たりました!

ーその理由ー

  • まだ年少にも満たない我が子には、プラスチック製のものより、柔らかいソフトビニール製のものの方が合っているだろう。
  • カラフル
  • 作りが良い
  • 種類が豊富

結果は大正解!!

大喜びで、両手にフィギュアを持って遊んでいます。

恐竜ごっこしよ~♪

恐竜ごっこはつまんないけど、
フィギュアが大きい分まだマシな気がする・・・

目次

Favorite Collectionの紹介

フェバリットコレクションの恐竜フィギュアにはいくつかシリーズがありますが、今回はその中の「ソフトビニールモデル」をいくつか紹介します。

「ソフトビニールモデル」には、通常サイズの他に、「ベビー」と「プレミアムエディション」があります。
大きさ順は、「ベビー」<通常<「プレミアム」となっています。

  • アロサウルス
  • アンキロサウルス
  • スティラコサウルス
  • スピノサウルス
  • トリケラトプス(緑)
  • トリケラトプス(茶)
  • プテラノドン
  • ブラキオサウルス

追加

  • ティラノサウルス
  • 羽毛ティラノサウルス
  • ステゴサウルス

これらをダイソーやセリアなどで売っている、100均の恐竜フィギュア「恐竜ワールドジュニア」と比較していきます。

恐竜ワールドジュニアは子どもが握るのにちょうどよい大きさのフィギュアです。

プレミアムエディション

プテラノドン

恐竜ワールドジュニアにはプテラノドンがないのでアンキロサウルスと比較しています

本体サイズ :L28×W69×H11.5cm

超!ビッグなフィギュアです。

くちばしは固めです

ブラキオサウルス

本体サイズ :L56×W33×H16cm

こちらも超!ビッグなフィギュアです。

通常モデル

スティラコサウルス

息子の一番のお気に入り

本体サイズ :L41×W13×H18cm

かっこいい!

アロサウルス

恐竜ワールドジュニアにはアロサウルスは無いのでティラノサウルスと比較しています

本体サイズ :L44×W16×H25.5cm

迫力満点!

アンキロサウルス

本体サイズ :L39.4×W21.4×H10cm


スピノサウルス

本体サイズ :L42×W15×H23cm


トリケラトプス(緑)

本体サイズ :L39×W11×H15cm


トリケラトプス(茶)

本体サイズ :L39×W11×H15cm


ティラノサウルス

アニアのティラノサウルスとも比較してみました
舌先に動きがあって迫力が出ています
フェバリットの恐竜の中では細身で脚も細長いです

もちろん大好きテラノサウルス

羽毛ティラノサウルス

意外とこちらのティラノサウルスの方がお気に入りです
羽毛に違和感がないです
プレミアムエディションのブラキオサウルスに色合いが似ています

ステゴサウルス

板が赤く、威嚇しているステゴサウルス
スパイクも板もしっかりしています
ステゴサウルスなのに(?)かっこいいです

フェバリット社以外のソフトビニールフィギュア

スティラコサウルス

本体サイズ :L41×W13.4×H17cm


なんとなく似ている

なんと!このシリーズの恐竜はお腹にボタンが付いていて、このボタンを押すと鳴きます

「ぎゃぉー!ぎゃぉー!ぎゃぉー!」

鳴くんですから、もちろん我が子のお気に入りです^^


ティラノサウルスはこちら

トリケラトプスはこちら

こちらのシリーズは大きいサイズのステゴサウルスもあるようです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる