【VBA】マクロの実行中に画面がちらつかないようにする

マクロ実行中における画面のちらつきを無くすVBAを紹介します。

このVBAは初期に覚え、ほぼすべてのVBAに使っています。

画面のちらつきって何ですか?

マクロを実行するとパソコンの画面もその手順通りに表示されます。
マクロは高速ですので、画面も高速で動きます。

画面のちらつきというのはその現象をいいます。

目がまわりそうになるやつですね。

「マクロ実行中に画面がちらつかないようにする」=「画面上の表示を無効にする」というVBAになります。

目次

画面のチラつきを停止するVBA

Application.ScreenUpdating = False

マクロの一番最初(Subの次)に記述します。

終わりには次のVBAを記述し、元に戻しておきます。

Application.ScreenUpdating = True

これを入れることにより画面のちらつきが無くなり、自分のマクロ技術が一歩進んだと自己満足していましたが、実務で使用していた人からは「あのグルグルは、あれはあれで見ていて面白かった」と言われてしまいました・・・。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる