【VBA】エクセルで差し込み印刷をする

 エクセルで、ワードのような差し込み印刷が出来るVBAを紹介します。

雛形にデータを当てはめていくだけなので、一度作成すれば長く使える便利なマクロです。

定型の文章を作る時に、宛名だけを変更して印刷できないかな。

郵送などの場合は郵便番号や住所も、それぞれ変更して印刷したいですよね。

いちいち入力しなくても良い方法がないかな。

もちろんありますよ。

リスト化が出来れば、請求書などの表計算が必要なものも宛名ごとに作成することが出来ます。

コピペしてやってみます!

エクセルマクロ
目次

エクセルで差し込み印刷をする

シート「リスト」
 A列:郵便番号
 B列:住所
 C列:取引先名

シート「ひな型」:定形文書
 B1:郵便番号
 A2:住所
 A3:取引先名

エクセルで差し込み印刷をするVBA

Sub 差込印刷()

Dim e As Long Dim i As Integer

e = Sheets(“リスト”).Range(“A1”).End(xlDown).Row

Sheets(“ひな型”).Select
For i = 2 To e
    With Sheets(“リスト”)
        Range(“B1”) = .Cells(i, 1)
        Range(“A2”) = .Cells(i, 2)
        Range(“A3”) = .Cells(i, 3)
    End With
ActiveSheet.PrintOut Next
‘※PrintOut→PrintPreview でブリントビューが開く

End Sub

エクセルで差し込み印刷をするVBAの解説

リストの件数を調べる

リストの2行目から最終行(e)までを
シート「ひな型」に転記し、印刷する

※イメージ(最初のリストが挿入されたもの)

リストとひな型をきちんと作れば、一度にたくさんの書類を「ボタン一つ」で作成可能なのでとても便利で時短になりますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる