ベビークモン・れんらく帳~2歳1ヶ月~

0・1・2歳のためのKUMON
「Baby Kumon」ってどんなことするの?
〜2歳1ヶ月 Advanced7号〜

子どもが生後3か月の時から通っている、ベビーくもんの口コミです。

ベビークモンは株式会社公文教育研究会が運営する、0歳から2歳向けの教室です。その後に展開されているKUMONは「♪くもん、いくもん」のCMでご存じの方も多いのではないでしょうか。

ベビークモンは子ども向けのレッスンが用意されているわけではなく、保護者向けの子育てABC的なものが用意されています。毎回の教室の時に持ち帰る教材には子ども用の知育おもちゃもありまますが、保護者向けに子育てにまつわるイロハやエッセイ、体験記、遊び方などが書かれた冊子も付いています。

ベビークモンAdvanced7~9号の感想はこちら↓↓↓

ベビークモンには保護者との先生との「れんらく帳」が、ベビークモンとベビークモンAdvancedにそれぞれ1冊ずつついてきます。

れんらく帳にはレッスン1回ごとに見開き2ページの記入スペースが設けられていて、1ページには5つのテーマ、もう1ページにはフリースペースとなっています。

これは私がれんらく帳に書いた記録です。

目次

2歳1ヶ月 Baby Kumon Advanced7号

よくうたっている歌、よく読んでいる本

どんないろがすき
おおきなくりのきのしたで
はたらくくるま

絵本

ちいさなねこ

かばくん

しんせつなともだち

おおきなかぶ

いろいろかたちいろかたち

すきなものなーに?

ぐらぐらスプーン

子どもの決めポーズ

両方のほっぺに人差し指を当てて「はいチーズ」

「怪獣だぞー、ガオー」と両手を顔の前に掲げる

腰に両手を当てて、窓から外を眺める

親子のほっこりタイム

3人でご飯タイム。「お茶どうぞ」と勧めてくれる。

公園でかけっこタイム。

プラレールで「こまち」と「はやぶさ」を連結させて走らせる。

うれしかったこと、楽しかったこと

父ちゃんとたくさん遊ぶ。
良く寝る。たくさん食べる。
電車の博物館で、思いっきり走って、電車に興奮!
言葉の語彙が増え、思いがけない言葉が出た時。

自分でする

と、なんでも自分でやろうとするようになった。

フリースペース

つまらん
楽しみ♪
がんばれる
がんばれない

など、感情を表現することが上手になってきた。

着替えイヤ!
手洗いイヤ!
歯磨きイヤ!

イヤイヤ絶好調!!
服の着替えに一苦労することも・・・散髪も一苦労

お風呂を嫌がるのに、長風呂。

かけっこ速い
←すぐに追いつかれるだろうなぁ

プール(久しぶりに行った)も大好き。飛び込みも大好き。

保育園でやったことを教えてくれる。
「恐竜体操」や「バナナ体操」など

動物や恐竜の名前をたくさん覚えいる
動物・恐竜大好き♡ あと、きれいな風景も。

動画は、親子モノが好き。恐竜でも、動物でも、人間でも。

機嫌がいい時は、靴下を自分で履くようになった。助かるぅ

でんぐり返りに成功

1,2,3の概念はできていると思う。

友だちとの遊びは、追いかけるより追いかけられたい派。

公園にいた、小さい子に優しくしていた。
保育園で同じようにお兄ちゃんやお姉ちゃんに優しくされているからだと思う。

どんちっ

↑意味不明の掛け声

なかなか寝ない⇒おばけで怖がらせる作戦。いつまで通用するかしら。

Youtubeの恐竜クイズ(2択)を見て、「どっちが〇〇?」と問題が出ると

こっち

と指を指して答えている。
違ったら、「あ、違った」と言っていた。

最近、普通に文章を喋ることがある。

2歳0ヶ月はこちら

2歳2ヶ月はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる