こども教室(講談社)に行ってきました~すこやか・くねくね棒1~

講談社「こども教室」が近所にできました。選んだ理由はそれだけです。そんなところから始まった知育教室に、実際に通った感想です。

知育、幼児教育の参考になればと思います。

講談社 こども教室~すこやか・くねくね棒~

すこやかコースの対象は、2~3歳児です。

また同一コースには、学校の学年制度と同じく、4月生まれの子どもから翌年3月生まれの子どもが集まります。

すこやかコースも2ヶ月目に入りましたが、2月、3月生まれのお子さんはまだベビーカーで通塾されているためか、「赤ちゃん感」を感じます。

こども教室には、子ども都合でのお休みの時の振替制度はありません。
半期に1回のみ、休んだことのある子ども向けに、追加のレッスンが行われるようです。

目次

レッスンの時に持っていくもの

  • レッスンバッグ(その他の持ち物を入れるかばん)
  • 指定された教材
  • 子育て手帳(子育てのアドバイスと、メモ欄があります)
  • 会員証(出席ノートを兼ねている)

授業の流れ

レッスンバッグから中身を取り出し、かごに入れる

レッスンバッグ(マジックテープで開閉)を開ける

かごに、教材・子育て手帳・会員証を入れる

レッスンバッグを棚にしまう

着席(かごは先生のところへ回収される)

出席ノート(会員証)にスタンプを押す

先生が子どもの名前を呼ぶ

子どもは手を挙げて返事をする

会員証が渡される

会員証を開いて、今からスタンプを押すところを確認する
(会員証を開くと見開きで出席ノートになっている。1マスごとにレッスン回数と日付が記入されている)

先生と一緒にスタンプを押す

会員証を先生へ返す

はじまりのあいさつ

席の後ろに立って、両腕をリズムに合わせて振りながら「♪まーるくなれなれ・・・」と歌い、最後にジャンプをする

「よろしくお願いします」のあいさつをする

教材を使ってレッスンを行う

たおるサイコロ

ねらい:○△□の復習

先生と一緒に形の確認をする

一人ずつ前に出てサイコロを振る。
出た目と同じ形を、ホワイトボードに貼ってある形から選ぶ

くねくね棒

レッスンの内容へジャンプ

すくすくプリント

  • お皿に「りんご」「ぶどう」「バナナ」の絵が白抜きで書いてある
    ※それぞれ「赤」「青」「黄」の線で書かれている

先生が「赤」のクレヨンを配る

「りんご」だけ塗る

先生にクレヨンを返す
※「りんご:赤」「ぶどう:青」「バナナ:黄」の順番で繰り返す

おりがみの時間

ねらい:「半分」という概念を作る

赤の折り紙が配られる

色と形を確認する

裏返して色を確認する

白い面を内側に、半分に折って長方形にする

折り紙を開き、白い面の折り目の無い部分にドラえもんのシールを貼る

再度折り目沿って折り、ドアをノックするように折り紙を「トントントン」と叩く

折り目を広げてドラえもんが出てくることを確認する
※これを何度か繰り返す

レッスンかばんに持ち物を入れる

棚からかばんを持ってくる

かごに入れていた、教材・子育て手帳・会員証をレッスンバッグに入れる

保護者へレッスンの内容と子どもの様子を説明

この間、子どもにはB4サイズの白紙とクレヨンを渡される

おわりのあいさつ

保護者と手をつないで、「♪まーるくなれなれ・・・」を振り付きで歌い、最後にジャンプをする

「さようなら」のあいさつをする

「くねくねぼう」を使ったレッスン

ねらい

  • イメージを豊かにして「見立て遊び」をする
  • みんなで一緒に遊ぶ楽しさを味わう

教材で遊ぶ

紐を結んだり、くねくね棒を丸めたりするのは保護者が手伝っています。

くねくね棒を使って遊ぶ

  • 1本を小さく縮めて両手で握り、放り投げる
    「ビヨヨーン」と擬音語を付ける
  • 2本を頭に立てて「うさぎ」になる
  • 1本を鼻に付けて「ぞう」になる
  • 1本をお尻に付けて(ズボンのウエストに挟んで)「さる」になる
    「アイアイ」の音楽を流して歌い、踊る
  • 2本の紐の部分を結んでつなげ(連結し)、電車に見立てる

箱に投げて入れる

  • そのままの状態(伸ばしたまま)で、箱に投げ入れる
  • 1本の棒の部分を結んでボールのようにし、箱に投げ入れる

カタツムリを作る

1本ずつ、カタツムリの形になるように棒の部分を結んでゴムで縛る
※棒:顔と殻、紐:目(触覚)

先生が目と口のシールを配るので貼る

カタツムリを動かして遊ぶ
カタツムリの歌を歌う

子ども的に、目と口の位置はここが良かったらしい

感想

棒を投げたり、動物になりきったりととても楽しそうに遊んでいましたが、「アイアイ」や「カタツムリ」の音楽が流れると急に棒を放り投げ、斜め下を向いてつまらなそうにしだしました。

うわぁ、今日はもうすでにアウトかぁ(T_T)

と、しょっぱなの「アイアイ」の時には衝撃を受けましたが、音楽が終わると再び楽しくレッスンを受け始めました。

特に最初の「ビヨヨーン」と丸めて放り投げる遊びや、連結して電車に見立てて遊ぶものは、声を出して笑ったり、教室中を走らせたりして、見ている側も楽しくなるほどでした。

次回も「たおるサイコロ」と「くねくね棒」を教材にレッスンが行われます。

←すこやか前期 第3回の様子はこちら

すこやか前期 第5回の様子はこちら→

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる