こども教室(講談社)に行ってきました~すこやか・フルーツパーティー2~

講談社「こども教室」が近所にできました。選んだ理由はそれだけです。そんなところから始まった知育教室に、実際に通った感想です。

知育、幼児教育の参考になればと思います。

講談社 こども教室~すこやか・フルーツパーティー~

すこやかコースの対象は、2~3歳児です。

また同一コースには、学校の学年制度と同じく、4月生まれの子どもから翌年3月生まれの子どもが集まります。

こども教室で母子分離になったおかげで、子どもがレッスンに集中できるようになりました。

そして、それ以外にも母子分離の恩恵があります。それはスーパーでの買い物

3歳近くもなると、スーパーの子ども用カートに乗りたがらなくなり、一緒に歩いて買い物をしたがるようになりました。そうなると買い物どころじゃなくなります。。。

そこで登場した「母子分離による子ども不在の時間」は買い物がスムーズ、スムーズ♪

ちょっとくらい慌ただしくても、

  1. 子どもを子ども教室へ連れて行く
  2. 近くのスーパーで買い物
  3. 買ったものを持ち帰る
  4. 再び子ども教室へ

くらいだったら苦になりません。

こども教室には、子ども都合でのお休みの時の振替制度はありません。
半期に1回のみ、休んだことのある子ども向けに、追加のレッスンが行われるようです。

目次

レッスンの時に持っていくもの

  • レッスンバッグ(その他の持ち物を入れるかばん)
  • 指定された教材
  • 子育て手帳(子育てのアドバイスと、メモ欄があります)
  • 会員証(出席ノートを兼ねている)

授業の流れ

基本的に、保護者は教室の部屋に連れて行くだけで中には入りません。

レッスンバッグから中身を取り出し、かごに入れる

レッスンバッグ(マジックテープで開閉)を開ける

かごに、教材・子育て手帳・会員証を入れる

レッスンバッグを棚にしまう

着席(かごは先生のところへ回収される)

はじまりのあいさつ

席の後ろに立って、両腕をリズムに合わせて振りながら「♪まーるくなれなれ・・・」と歌い、最後にジャンプをする

「よろしくお願いします」のあいさつをする

出席ノート(会員証)にスタンプを押す

先生が子どもの名前を呼ぶ

子どもは手を挙げて返事をする

会員証が渡される

会員証を開いて、今からスタンプを押すところを確認する
(会員証を開くと見開きで出席ノートになっている。1マスごとにレッスン回数と日付が記入されている)

先生と一緒にスタンプを押す

会員証を先生へ返す

教材を使ってレッスンを行う

たおるサイコロ

ねらい:○△□の復習

先生と一緒に形の確認をする

一人ずつ前に出てサイコロを振る。
出た目と同じ形を、ホワイトボードに貼ってある形から選ぶ

○△□を合わせる

A3サイズ程度の台紙に○△□を書いたものの上に、それぞれの形に切り取られた厚紙を乗せていく。

台紙(○△□はランダム)
切り取られた形

フルーツパーティー

レッスンの内容へジャンプ

すくすくプリント

プリントの上側:花が1つ・花が2つ・花が3つ 間隔を置いて描かれている
プリントの下側:くまが花を1つ・2つ・3つ持っている絵 同じく描かれている

同じ花の数のものを線で結ぶ(点と点を線で結ぶ)
※このプリントでは縦にまっすぐ線を引くことになります

3歳近くなってくると自分で線が引けるようになりますが、線を描く筆圧は弱いので薄く細い線になります。
まだ自分で線が引けないお子さんは、先生が手伝って線を描きます。

レッスンかばんに持ち物を入れる

棚からかばんを持ってくる

かごに入れていた、教材・子育て手帳・会員証をレッスンバッグに入れる

保護者へレッスンの内容と子どもの様子を説明

おわりのあいさつ

保護者と手をつないで、「♪まーるくなれなれ・・・」を振り付きで歌い、最後にジャンプをする

「さようなら」のあいさつをする

フルーツパーティーを使ったレッスン

こども教室すこやか
教材には果物がそれぞれ5つずつ入っていますが、今回は3つずつを使います。
カトラリー:プラスチック  果物:フェルト

ねらい

  • 見本を見ながら同じように果物を並べてみる(数の意識1・2・3)

教材で遊ぶ

数を数える

先生がホワイトボードにぶどうを3つ並べる
「ぶどうは全部で何個ありますか」

左から順番に指を指し、1・2・3と数える

見本通りに並べる

先生がぶどうをお皿に並べる

先生の見本通りに子どもも果物を並べる

※りんご、ばななについても同じように数を数え、見本通りに並べる

すこやかクラスの後半は「1・2・3」を数えることがメインテーマとなっています。
※前半は「〇△□」でした。
「全部で何個あるのか、最後に数えた数字がその答え」という概念を定着させます。

いろいろな並べ方を見本で見せる

先生が並べたように(ぶどう・りんご・ばなな混在)、子どもも果物を並べる

先生が果物を指定する

指定された果物をフォークで取り、食べるマネして楽しむ

フォークの先には両面テープを付けて、フェルトの果物がくっつくようにしています。
※今回はナイフも手に持っています。

感想

フルーツパーティーの教材は楽しそうだったので、早く使いたかったのですが、なかなか出番がなかったです。

実際にレッスンでやっている内容を聞いていると、すこやかクラス前半の最後の方に出番が来たのも納得です。こうやって子どもたちのレベルを上げていくんだなと実感しました。

子どもがどういう気持ちでレッスンに参加しているのか、本当のところは私にはわかりませんが、教室の外から見てとれる親の勝手な想像でいくと、レッスンの初めに教材を手に取って先生に何かを言っている表情や、最後の方(お迎え前)にすくすくプリントに先生が花丸を描いているところをじっと見ている様子は、非日常を楽しんでいるように思えます。

家を出るときは「おうちで遊びたい><」って毎回言うんですけどね^^;

←すこやか前期 第16回の様子はこちら

すこやか前期 第18回の様子はこちら→

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる