こども教室(講談社)に行ってきました~すこやか・ひも通しセット2~

講談社「こども教室」が近所にできました。選んだ理由はそれだけです。そんなところから始まった知育教室に、実際に通った感想です。

知育、幼児教育の参考になればと思います。

講談社 こども教室~すこやか・ひも通しセット2~

すこやかコースの対象は、2~3歳児です。

また同一コースには、学校の学年制度と同じく、4月生まれの子どもから翌年3月生まれの子どもが集まります。

今回は「参観日」ということで、保護者は「トイレには行か」ず、教室にいることになりました。

ただこの年齢では「参観日」とは名ばかりで、子どもの補助をしないといけないし、保護者がいるので子どもは甘えるしで、「母子分離」中の中途半端な時期に入れてほしくない行事でした。

次回のレッスンからは、完全「母子分離」になるということです。

こども教室には、子ども都合でのお休みの時の振替制度はありません。
半期に1回のみ、休んだことのある子ども向けに、追加のレッスンが行われるようです。

目次

レッスンの時に持っていくもの

  • レッスンバッグ(その他の持ち物を入れるかばん)
  • 指定された教材
  • 子育て手帳(子育てのアドバイスと、メモ欄があります)
  • 会員証(出席ノートを兼ねている)

授業の流れ

レッスンバッグから中身を取り出し、かごに入れる

レッスンバッグ(マジックテープで開閉)を開ける

かごに、教材・子育て手帳・会員証を入れる

レッスンバッグを棚にしまう

着席(かごは先生のところへ回収される)

はじまりのあいさつ

席の後ろに立って、両腕をリズムに合わせて振りながら「♪まーるくなれなれ・・・」と歌い、最後にジャンプをする

「よろしくお願いします」のあいさつをする

出席ノート(会員証)にスタンプを押す

先生が子どもの名前を呼ぶ

子どもは手を挙げて返事をする

会員証が渡される

会員証を開いて、今からスタンプを押すところを確認する
(会員証を開くと見開きで出席ノートになっている。1マスごとにレッスン回数と日付が記入されている)

先生と一緒にスタンプを押す

会員証を先生へ返す

教材を使ってレッスンを行う

たおるサイコロ

ねらい:○△□の復習

先生と一緒に形の確認をする

一人ずつ前に出てサイコロを振る。
出た目と同じ形を、ホワイトボードに貼ってある形から選ぶ

○△□を合わせる

A3サイズ程度の台紙に○△□を書いたものの上に、それぞれの形に切り取られた厚紙を乗せていく。

台紙(○△□はランダム)
切り取られた形

すこやかクラス(前期)の目標は「○△□がわかる」ことということで、このクラス(前期)中はしつこく○△□をやるということでした。

ひも通しセット

レッスンの内容へジャンプ

レッスンかばんに持ち物を入れる

棚からかばんを持ってくる

かごに入れていた、教材・子育て手帳・会員証をレッスンバッグに入れる

保護者へレッスンの内容と子どもの様子を説明

おわりのあいさつ

保護者と手をつないで、「♪まーるくなれなれ・・・」を振り付きで歌い、最後にジャンプをする

「さようなら」のあいさつをする

「ひも通しセット」を使ったレッスン

ねらい

  • ○△□の構成遊びを楽しむ。
  • 最後まで集中してひも通しができる。

教材で遊ぶ

枠から出したり、枠へ入れたりする

先生が○△□を説明しながら、それぞれ枠から出したり入れたりして見せる。

子どもたちが枠から出して、再び枠にはめる。

形の中心の穴にストローを通す

飲み口部分が曲がるストローを使う。

目と手の協応

形をひもに通す

すっぽ抜けないように、片方の端を結ぶ。

感想

何回も同じことをすることを嫌がるのですが、○△□の台紙に形を乗せる遊びはくり返し楽しんでいました。

何回か繰り返すうちに、わざと○△□を違えて置くお子さんもいらっしゃいました。
我が子もそれを見て真似ていました。

ストローやひもに形を通すのは、大人がやるように、「ストローやひもを固定して、そこに形を持ってくる」というやり方をするときもあるし、ストローを形に持っていく時もあるし、紐やストローを逆さ向きにして入れてみたりと様々でした。

また、ひも通しはスムーズさに左右差がありました。

我が子はひも通しがあまり好きではなかった(?)ようで、レッスン中はほとんどやりませんでした。家に帰ってから、何とかおだてて半分ちょっと通した感じです。

←すこやか前期 第9回の様子はこちら

すこやか前期 第11回の様子はこちら→

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てに奮闘しながらも、再びガッツリ走り込める日を夢見るフルタイム会社員。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる